気ままにロンドン生活♪(2017/10~)

ロンドン駐在妻のブログです。(2017/10~帯同)

モバイルバンキングアプリRevolutで、イギリス銀行口座がカンタンに開設できました^^!

イギリスの銀行口座開設はとても大変だという情報をちらほらと目にし、開設の手続きに行くのがとても億劫になっていた面倒くさがりのわたし。

そもそも主婦なので給与振り込みもなければ自分名義で引き落とされるお金もないわけで、、面倒をこうむるくらいなら現金生活でいいや〜と思っていました。

そんなところにインターネット上でこちらの記事を見つけ、この通りに進めてみたところとても簡単に銀行口座を持つことができました。今日はその記事をご紹介させていただきます!

(リンクフリーの記載を確認できましたので当ブログで紹介させていただいております^^)

chiyomlondon.com


この通りにオンラインでの手続きを進めて完了すると、(わたしの場合は)約2週間ほどでカードが手元に届きました。

受け取り時にサインが必要な書留ではなく、ただポストにポイッと入れられていた点は気になりましたが(日本ではありえないような雑な扱いwww)、無事受け取ることができました。

住所や収入証明が全く必要なく、その点でも海外在住者にとっての大きな手間が省けます。

本当に本当に便利!!何の苦労もせずに専業主婦のわたしでもイギリスで銀行口座が持てちゃいました!


モバイルバンキングなので振込や残高確認などは専用のアプリから操作できるんですが、アプリを開くときの認証にTouch IDが選べたり、また端末本体とは別の暗証番号を設定できたりと、セキュリティ面にも配慮がなされています。万が一スマホが乗っ取られた時のことを考えると、セキュリティがしっかりしていることは重要ですよね。


駐在員の銀行口座は社員と社員の配偶者の分は企業が開設を支援するのが一般的だと思われます。うちの場合は何故だか主人の分だけでした。笑
銀行口座を持つことは半分あきらめていたのでこのような画期的なサービスに出会えたことはとても幸運でした。。。


イギリスは非現金化が進んでいる印象で、現金払いしている人ってあまり見かけません。スイカのようにピピッとタッチして決済できるデビッドカードが一番普及している気がする。いやはや先進国!
Revolutに関しても、無料で選べるカードはタッチ式のデビッドカードで便利なのでありがたいです。


これでわたしもようやく先進国の一員です😌でも実はというと、現金生活に慣れちゃって手元にカードがあっても全然使ってない!せっかく届いたんだから使わなくては!!


上記のブログには、以下の内容が記載されているので(そしてとてもわかりやすい!)、銀行口座開設に困っている方がいたら是非一度ご覧になってみてくださいね^^♪

1 モバイルバンキングアプリ Revoultとは
2 Revolutの特徴
3 Revoultの開設条件
4 申し込み方法
5 実際のカードの郵送は?
6 Revoultはメインバンクとして使えるか?